えびおばさんの庭

姪っ子大好きえびおばさんが色々考えたことを書いてるブログ

1994年版三国志 エンディングテーマ历史的天空

最近夜三国志を1話見ながらストレッチするのにハマってます。

それでも全84話あるから毎日見ても見終わるのに3ヶ月くらいかかるんですよね…よく作ったわ(笑)

そんな訳で最近三国志熱が凄いのでのエンディングテーマ历史的天空を自己流に訳してみようと思います!

あと歌いたいからピンインつける(笑)

 


www.youtube.com

 

黯淡了刀光剑影 Àndànliao dāoguāngjiànyǐng
远去了鼓角铮鸣 Yuǎn qùliao gǔjiǎo zhēng míng
眼前飞扬着一个个 Yǎnqián fēiyángzhe yīgè gè
鲜活的面容 Xiān huó de miànróng
湮没了黄尘古道 Yānmòliao huáng chén gǔdào
荒芜了烽火边城 Huāngwúliao fēnghuǒ biānchéng
岁月啊你带不走 Suìyuè a nǐ dài bù zǒu
那一串串熟悉的姓名 Nà yī chuàn chuàn shúxī de xìngmíng
兴亡谁人定啊 Xīngwáng shéi rén dìng a
盛衰岂无凭啊 Shèngshuāi qǐ wú píng a
一页风云散哪 Yī yè fēngyún sàn nǎ
变幻了时空 Biànhuànle shíkōng
聚散皆是缘哪 Jù sàn jiē shì yuán nǎ
离合总关情啊 Líhé zǒng guān qíng a
担当生前事啊 Dāndāng shēngqián shì a
何计身后评 Hé jì shēnhòu píng
长江有意化作泪 Chángjiāng yǒuyì huà zuò lèi
长江有情起歌声 Chángjiāng yǒuqíng qǐ gēshēng
历史的天空闪烁几颗星 Lìshǐ de tiānkōng shǎnshuò jǐ kē xīng
人间一股英雄气 Rénjiān yī gǔ yīngxióng qì
在驰骋纵横 Zài chíchěng zònghéng

 

薄光る刀や剣、戦大鼓や角笛の音は遠い昔のものになってしまったが、目の前にまだ一人一人の面影が鮮明に思い出される。

いにしえの教えは塵と化し、狼煙台や辺境の町は荒れ果ててしまった。

しかし歳月よ、君はあの親しんだ人達の名前を連れて行くことは出来ない。

興亡は誰が決めるのだろうか?

盛衰は何者にもよらないのだろうか?

一陣の風に吹き飛ばされ時空の彼方へ消えてしまう。

出会いと別れは全て縁によるものか?

別れと出会いは情によるものなのか?

それは生前の事であって、なぜ死後の評価など考えていようか?

長江は涙と化し、長江は思いを歌う。

歴史の大空には星がきらめき、この世には英雄の息吹が縦横無尽に駆け巡る。

 

今回も完全なる意訳です(笑)

了leをliaoって歌ってるけど、leの意味で訳してしまったがあってるだろうか(笑) 

 

中学生の時に、もし地球温暖化で世界が滅びたらこの三國志の歴史も滅んでしまうんだ…!と、気づき何か衝撃を受けた記憶があります。

姉に話したら何言ってんのコイツ?って反応されましたが(笑)

このエンディングテーマは形ある物は消え去ってしまっているけれど、英雄達の物語は人々の心の中に生き続けているという感じだろうなぁと思って訳しました。

 

あと重要なキーワードは星ですね。

三国志の中では高名な武将が死ぬと星が落ちるというシーンが何回か出てくるので、最後の历史的天空闪烁几颗星はグッっとくるものがあります。

小さい時自分が死ぬ時も星が落ちるのだろうかとか思いましたね〜…

しし座流星群の時に死ねば落ちるかな!(笑)

 

まぁ何にせよ、小さいときはロマンがあったもんなんです(笑)

 

f:id:ebi-nida:20210613230303j:plain