えびおばさんの庭

姪っ子大好きえびおばさんの備忘録的なブログ

よくぞ作ってくれました!昔ながらのしょっぱい梅干し!

私の中で梅干しと言えば、昔おじいちゃんが作ってくれた梅干し。

大きな便の中にたくさんの梅が入っていて、食卓には必ず梅干しがのぼるくらい…

と言うか、おやつで小梅の梅干し10個ぐらい食べていた完全に塩分過多の幼少時代を過ごしていた私(笑)

 

けど、おじいちゃん亡き今…!!

あのしょっぱい紫蘇の香りが漂う梅干しを食べたいけど、中々見つからない!!

 

スーパーで見てもどれも減塩、減塩。

さらにはちみつ入りなどと、私に言わせれば邪道としか言えないような梅干しが並んでいる…

違う!

私の求めている梅干しはこんな色じゃない!!

梅干しとはもっと鮮やかな!

赤紫の透明な汁に浮かんでいるものなのだ!!

 

と、いう訳で、梅と言ったら和歌山なので、和歌山に行ってみた。

f:id:ebi-nida:20201119215510j:plain

行ってみた。

白良浜。泳ぎてぇ~!!

f:id:ebi-nida:20201119215701j:plain

果たしてえびおばさんの望む梅干しはあるのか!?

さっそく和歌山言ったらここでしょという名所、アドベンチャーワールドの近くにある「とれとれ市場」へ足を運んだ。

f:id:ebi-nida:20201119215825j:plain

※肝心のとれとれ市場の写真を撮り忘れたので生かげろうの写真を貼っておきます(笑)

オイシカッタヨ(*'ω'*)

 

とれとれ市場と言うと魚だけと思われるかもしれないが、なんのその。

和歌山県の特産品なら大抵なんでもそろっているお土産市場である。

 

果たしてそこに確かに梅干しがたくさんあった…!

一粒何千円の高級梅干しや金箔梅干しなど謎のものもあったが、えびおばさんが求めているのでは、それではない…あのすっぱい、しょっぱい赤紫の梅干しである!

しかし、探しても探しても減塩、減塩…

もはやこれまで…と思った瞬間!

f:id:ebi-nida:20201119220238j:plain

発見!!

その名も「昔なつかしいあの頃のすっぱいしそ漬けうめ」!!!

 

家に帰ってさっそく開けてみると、

まさにおじいちゃんが作ってくれた梅干しと同じ酸っぱい紫蘇の香り…

f:id:ebi-nida:20201119220614j:plain

原材料は梅、しそ、しそ液、食塩、梅酢のみという潔さ。

食塩相当量19.3g??

そんなの気にしない(*'ω'*)

f:id:ebi-nida:20201119220539j:plain


しっかり液まで入っています。

さらに紫蘇の葉もかなり入っているんです!

この紫蘇の葉も好きなんだよなぁ~!!

 

小さい頃、おじいちゃん家に行くと庭でザルにたくさんの梅を並べて干されていたのを思い出します。

おじいちゃんの家の裏に建っている物置の中に漬け終わった梅干しが保存されていて、ご飯の時に足りなくなったら持ってきてと頼まれたりしたんだっけ…

そして帰る時には瓶一杯の梅干しを渡してくれて…

懐かしくて泣きそう( ;∀;)

 

そんな思い出の味を完全再現してくれた中田食品株式会社さん、本当にありがとう!!

2016年漬物グランプリにも輝いているという事で、私と同じように梅干しはこうでなくっちゃと言う人はたくさんいるはず!(笑)

 ぜひ、すっぱい梅干しを食べたい!という方は買ってみてくださいね!

 

楽天の方が安いけど送料はかかる… 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

昔なつかしいあの頃のすっぱいしそ漬うめ(90g)
価格:502円(税込、送料別) (2020/11/19時点)

楽天で購入

 

 

なら、Amazonで2個買う方がお得か…??