えびのから揚げ

えびのから揚げの人生記

中国版新幹線「高铁」ってどんな感じ?

中国の新幹線は「高速铁路」略して「高铁(ガオティエ)」と呼ばれています。

f:id:ebi-nida:20190330123250j:plain

(新幹線ってこんな連結あったっけ?)

本日はその高铁や中国の駅の様子をご紹介します(^^)/

 

 とにかく広い!中国の駅!

f:id:ebi-nida:20190330123429j:plain


中国の駅はとにかく広いです!(都会の駅は特に!)

 

基本的に

  • 切符を売るエリア
  • 保安検査エリア
  • 乗車前に待機するエリア
  • プラットホーム

 に分かれています。

 そして省エネなのかエコなのか全体的に照明は暗いです(笑)

切符を売るエリア

f:id:ebi-nida:20190330124230j:plain

 今ではネットで簡単に新幹線のチケットが購入できるようになったのに…

やはり窓口に並ぶ人はたくさんいます。

そして残念ながら我々外国人も…

 

ネットで買ったチケットを窓口で乗車券に交換してもらわないといけません…!

 

ちなみに中国の人たちはネットで購入し身分証をかざせば乗れるっぽいです!便利だ!すごい!

 

羨ましがってもしょうがないので、いつもおとなしく並びます。

しかし…連休の時などは上の写真の様にめちゃくちゃ混みます!!

おそらく一時間待ちでしょう。

ですので、連休に高铁に乗る場合はとにかく早く駅に行くことが重要です。

 

さらに並んでいると

「私の列車あと10分で出てしまうの!お願い先に受付させて!!」

とすがんでくる人がたくさんいます。

そういう場合は…

自分の良心に従いましょう(笑)

 

私は余裕ある時は譲ってあげるのですが、余裕ないときは「私も同じだ!」と

つっぱねています。

 

さらに本当にやばそうな時は窓口の上に

「VIP用窓口」っぽい事が書いてあるところがあります。

VIP用窓口はどういう定義でVIPが決められているか分かりませんがたいてい空いています。

 

そこにあたかも

「中国語読めない外国人で~す」

という感じで並べば、かなり早くチケットを手に入れることができます(笑)

乗り遅れそうでやばいときはぜひお試しあれ(笑)

(しかし怒られても私は責任を負いません(笑))

 

保安検査エリア

中国では新幹線に乗るのにも保安検査があります。

飛行機に乗る前のあんな感じのやつです。

テロ対策万全ですね。

列に並んでまずパスポートと切符を見せて本人チェック。

その後に荷物検査と金属探知機検査があります。

今まで一度も引っかかったことはないです。

粛々と受けましょう。

 

ここでも「時間がないから通して!!」と言ってくる人がたくさんいます。

「あの人なんで並ばずに行こうとするの?」と質問する子供に母親が

「あの人が乗る列車がもうすぐ出発しちゃうからだよ」と回答していたのを見た時は意外と「お互い様」精神でなりたっているんだなぁと思いました。

 

乗車前に待機するエリア

f:id:ebi-nida:20190330130114j:plain

保安検査を抜けると空港でいう出発ロビーのような所に出ます。

ここにはお土産屋さんや飲食店、トイレ等があります。

椅子もたくさんありますが、人もかなり多いので争奪戦です。

ちなみにここでたまに「トイレに行きたいから荷物見てて!」と話しかけられることがあります…!

そしてそのせいで改札を逃しそうになったことがある私(笑)

「これ他の人に見といてって言われたけど、もう行かないといけないから見てて!」とさらに他人にお願いして何とか列車に乗れました(笑)

 

記憶があいまいですが、出発時間の15分前ぐらいになると改札が始まります。

それまではプラットフォームに降りることはできません。

f:id:ebi-nida:20190330130507j:plain

正在检票と書いてあれば今改札通れますよ~ということです。

そして出発5分前になると…改札が閉まりますのでご注意ください!!

 

プラットホーム

f:id:ebi-nida:20190330131039j:plain

プラットホームから高铁に乗ります。

写真の赤や緑の列車は高铁ではなく普通の電車です(^^)寝台列車もあります。

それはまた別の記事でご紹介します。

 

高铁の中はどんな感じ?

中国=汚い!というイメージがまだまだ強いと思いますが、新幹線はかなりきれいです。(もちろん前のお客さんがひまわりの種食い散らかしてたら汚いけどね★)

f:id:ebi-nida:20190330131346j:plain

ちなみに高铁の席のレベルには

が、あります。

私はいつも二等座です。(写真も二等座のもの)十分きれいです。

 

金額で言うと(上海ー杭州間の場合)

  • 二等座…73元
  • 一等座…117元
  • 商务座…219.5元
  • 无座…73元

となっています。(2019年3月時点)

 

f:id:ebi-nida:20190330131956j:plain

金額は日本の新幹線と比べてかなり安いので、一番上のクラス乗ってみてもいいんだけど…二等席で十分やなと思ってしまう貧乏人(笑)

 

窓からの風景

広大な大地を走る高铁!

移り変わる景色を見るのも楽しいです!

f:id:ebi-nida:20190330132427j:plain

どんどん広がる高速鉄道網を見たり…

f:id:ebi-nida:20190330132519j:plain

南方の田園風景をみたり…

f:id:ebi-nida:20190330132525j:plain

山が無く限りなく広がる大地を見たり…

植林頑張ったんやな…という森林を見たり(笑)

とにかく見ていて飽きないですよ!

 

最後に…中国の新幹線って危険じゃないの?という意見について

f:id:ebi-nida:20190330132758j:plain

いかがだったでしょうか?

中国で新幹線に乗ったことがある人は「そうそう」と思うかもしれませんが、

中国に行った事がない人は

「中国の新幹線?日本のパクリだろ?危なくて、事故ったら地面にうめられるんでしょww」

と思っていると思います。

まぁ実際埋めましたしね(笑)

 

けどそれは「JR福知山線に乗るとマンションに激突するんでしょ?」

と言っているのと同じようなもの。

今では高铁は中国の人たちの大切な足になっています。

f:id:ebi-nida:20190330133244j:plain

武漢の駅で見かけたスローガン

「初心を忘れず、使命を心に刻め!交通は国を強くする!まずは鉄道からだぜ!」

って感じでしょうか。

 

一番最初に中国に行った9年前から驚くほどのスピードで鉄道が整備されました。

寝台列車で20時間かけて行っていた所も今なら高铁で行けます。

 

時代は変わったなぁと本当にしみじみ思います。

中国に行ったらぜひ乗ってみてくださいね!面白いですよ~(^^)/