えびのから揚げ

えびのから揚げの人生記

~山登りと人生~ 人生が辛い時には山登りしてみませんか

一歩ずつ、少しでもいいからあきらめずに前に進む。
そうすれば必ず山頂にたどり着ける。
山登りはなんか人生に似ています。


f:id:ebi-nida:20191109195337j:image

 

 

自分の登りたい山(進みたい道)を決め、準備をし、

苦しいけどあきらめずに進んでいく。

山道で色んな人と出会ったり、良い景色、良い出来事に巡り合ったりする。

足が疲れて動けなくなる時もある。

そういう時は休む。

走って山頂を目指している人もいるけれど、自分のペースで登って行くことが大事だ。

走っている人を真似したら山頂にたどり着く前にダメになってしまうかもしれない。(過労死)

疲れたら休みながら、それでもあきらめずに前に進むと良い。

 

もしかすると自分の選んだ道はものすごい回り道かもしれない。

そういう時は先人が残した記録を見てみると良い。

ただ、中には間違った道しるべもあるから注意して自分で選んで進むことが大切だ。

 

回り道にも意味があると信じて進むのもいいかもしれない。

そうすれば他の人が見たことのない景色を見ることができる。

 

気づくといつの間にか高い所まで来ている。

下を見ると過去に自分がいた所が小さく見える。

苦しい時もあったけど自分の力でここまでこれたんだと感動する。

 

ふと歩いてきた道を思い出すと自分だけの力でここまで来れたのではないことに気づく。

あの道は先人や仲間が歩いて、時には整備してくれたからこそ、自分も快適に歩けたのだと知る。

 

改めて頂上を見る。

自分の目指す頂上が誰も言ったことの無い場所ならば自分で切り開いていかないといけない。

たくさんの人が通る安全なルートを選んで楽しく登るのも良い。

自分だけの道を選んで切り開いていくのも良い。

 選択は本人の自由だ。

 

みんなと同じルートは安全だが味気ない。

だけど自分で切り開いて行くのには危険も伴う。

 

もし同じ方向を目指す仲間がいたら…?一緒に切り開いていけるかも。

 

 

山頂ではみんな嬉しそうな顔をしている。

頑張ってここまできた自分を褒めてあげたくなる。

 

あきらめなくてよかった。

あそこで休んでなかったら危なかった。

準備をしっかりしてきてよかった。

道に迷って大変だったけど、頂上につけてよかった。

適当に来たけど意外と何とかなったな。

頑張ってよかった。

途中本当にしんどかった。

 

色々な思いがこみ上げてくるだろう。

 

あなたはどんな山をどのように、誰と登りたいですか?